効果的な美容力向上の方法を紹介します

魔法の糸

若返りたい人には金の糸

古代エジプトのミイラの体内から、金の糸が発見されたことがきっかけとなり、金の糸を使った美容法がフランスを発祥として始まりました。 その手術方法ですが、純度が高くて髪の毛ほどの細さの純金の糸を、たるみや年齢の気になるところに埋め込むものです。安全な美容整形術と言われていますが、施術を受けるときに気をつけるべき点もあります。麻酔を使うものですので、手術日の2日か3日ほど前から飲酒を控えることと、手術が終わった後は、当日の長時間の入浴は避けた方がいいということです。飲酒は麻酔の効きを悪くしますし、長時間の入浴により血行が促進されすぎることによって、肌が腫れる可能性があるからです。また、金属アレルギーによる反応が出る人も稀にいるようですので、注意が必要です。 しかし、肌の若返りが手軽にできるとあって、金の糸は注目を集めています。

金の糸の効果と注意点について

金の糸とは別名ゴールデンリフトと称され、皮膚治療や美容目的で施術される治療法となっています。 金の糸の治療法は、皮膚の真皮層に0.1ミリメートルの細さの金の繊維を格子状に埋め込むことで、組織の活性化を促し、肌のハリやたるみの解消、肌全体の若返りを促す効果があるとされています。 これは、金の糸を体内に埋め込む際にできる傷口を治そうとする自然治癒力を利用するものであり、コラーゲンやエラスチンなどの肌にとって良い成分を分泌させることが目的となっているため、アンチエイジング効果が期待できる治療法として認識されています。 金の糸の治療を受ける際の注意点としては、金属アレルギーがないことを十分に確認しておくことが重要であり、重篤な 副作用を起こさないためにも、事前のカウンセリングを入念に行うことが大切です。